第119回 女性はもちろん、男性にも知っていてほしい!更年期障害のコト 宮本美奈子さん

2011年6月8日(水)第119回 朝活@富山 を開催しました!
<今回のテーマ>
「 女性はもちろん、男性にも知っていてほしい!
  更年期障害のコト 」
 です。
2011_06080002.jpg


「女性はもちろん、男性にも知っていてほしい!更年期障害のコト」

誰もが必ず通る「更年期」。
女性だけのものではなく男性の「更年期」もあることご存知でしたか?
この時期をどのように過ごすかで、その後の人生も変わります。
こころもからだも元気な人生を送るため、
「更年期障害」について一緒に学びませんか。


今回の進行役は、石川県白山市からお越しいただいた
セルフマネジメントオフィス RIRE 代表 宮本 美奈子さんです。
2011_06080007.jpg
富山に向かうため、朝4時に起きられたそうです。
超朝活ですね! 宮本さん、ありがとうございます!!
まずは、「更年期」とはいつか、、、
女性
 閉経前後の40代半ば~50代半ばの約10年間。
男性
 最初の更年期が、40代前半。
 次のピークが60代前半。
男性が、40代前半とは、予想していたより早くてびっくりしました!
「更年期障害」とは?
男性ホルモン・女性ホルモンの急激な減少で身体におこる症状で
日常生活に支障をきたすものを「更年期障害」と言います。
身体症状として、疲労感・めまい・ほてり・頭痛など、
精神症状として、不安・落ち込み・イライラ・不眠などがあります。
女性は、9割が症状として現れ、2割が障害を引き起こします。
更年期障害をうつ病と間違えてしまう場合もあるそうです。
男性の更年期障害については、まだまだ統計が取りきれておらず
情報が少ないそうですが、
更年期障害が出やすい男性のタイプがあります。
【更年期障害が出やすい男性のタイプ】
 ・まじめで几帳面な人
 ・神経質な人
 ・がむしゃらに頑張る人
 ・アタマばかりで体を動かさない人
 ・せっかちな人
 ・くよくよ考え込む人
 ・生きがいや趣味の少ない人
平日朝活は、男性の参加者が多いのですが
「当たっている!」という人や、「当たっていない!」という人、
それぞれいらっしゃいました。
更年期を予防するためには、
ウォーキングなどの運動がいいそうです。
宮本さんからは、
更年期を「幸年期」にしましょう♪
ということで、更年期を快適に過ごす10ヶ条を教えていただきました。
【更年期を快適に過ごす10ヶ条】
1. 良い友達をもつこと
2. 家族と良い関係をもつこと
3. あるがままの自分を認める
4. 体を動かしましょう
5. 生きがいをもつこと
6. おしゃれをしましょう
7. 健康診断を定期的に受けること
8. 睡眠をきちんととりましょう
9. バランスのとれた食事を3食きちんと摂りましょう
10.常に新しいことに挑戦する気持ちをもつこと
更年期障害は、まわりのサポートも重要です。
妻が更年期障害でふせっているのを見て、
夫が「怠けている!」と理解することなく責めたて
離婚にいたったケースもあるそうです。
正しい知識を持つことで、
第2の人生のスタート地点ともいえる
更年期を幸年期にしたいですね!
宮本さん、ありがとうございました!


今回の朝活には、6月5日に行われた
鬼ごっこの参加者人数で、1566人のギネスを記録した
イベントの代表 大門良輔さんがギネス認定書を持参してお越しくださいました!
http://onigokko-toyama.com/
http://news24.jp/articles/2011/06/06/07184006.html
2011_06080060.jpg
めでたいめでたい\(^o^)/
このイベントの企画は、朝活ネットワーク富山 呉西支部 で生まれたんですよ。
同じ朝活メンバーとして、とっても嬉しいかぎりです!
大門さん、スタッフの皆さん、そして鬼ごっこ参加者のみなさん、
大記録の樹立、おめでとうございました!

▼参加受付中のイベント

第119回 女性はもちろん、男性にも知っていてほしい!更年期障害のコト 宮本美奈子さん” に対して1件のコメントがあります。

  1. 自分でできる6分間更年期障害改善術を公開!

    わずか1週間で更年期特有の体のだるさとほてりを改善させ、さらにはめまいや頭痛までも改善できる方法を知りたくありませんか?

この投稿はコメントできません。