第193回 富山&東京 同時進行朝活!(その2)

今回の朝活を企画して下さった、「モヤっぺ!の会」を紹介します。


モヤモヤしている田舎者が集まる朝活「モヤっぺ!の会」
http://www.facebook.com/groups/109793885817123/
「田舎が好き。故郷のために何かしたい!」
・・・しかし今は故郷を離れ、都会暮らしで仕事が忙しい。。
忙しい中でも、心の片隅には故郷への想いが見え隠れ。
なかなか力になれず、何もできずに、モヤモヤしている方。
そのモヤモヤをすっきりさせませんか?
同じ気持ちの仲間が「朝」集まり、
田舎に対する気持ちを共有し合う。
同郷の仲間も見つかるかもしれません。
田舎がもっと好きになれるかもしれません。
やりたいことが見つかるかもしれません。
時間があれば、お互いの田舎ボランティアや
イベントをシェアして、参加するのもいいですね。
おもしろそうだと思えば、参加してみればよいのです。
何かが生まれるかもしれません。
そんなナリユキ任せのご縁でみなさまの
モヤモヤがすっきりすればよいのです。
********************
さて、1つ前の記事は、富山目線からの記事になっています。
http://asakatsutoyama.blog51.fc2.com/blog-entry-367.html
東京チームの主宰者、千葉さんが、facebookで、
朝活のふりかえりを書いてくださったので、
こちらで紹介させて頂きます。
今回のキングオブもやっぺプレゼンの栄光を勝ち取ったのは、
富山朝活参加者の3名のチームで挑んだ「チーム富山」でした!
おめでとうございます!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
では、富山のプレゼンをハイライトで簡単にご紹介させていただきます。
・富山の名産はセブンイレブンで手に入る?
→なんと富山では、「白とろろ昆布おにぎり」と「ますの寿司」が
コンビニで手に入るという。
実際に撮してもらったが、めちゃめちゃ上手そう!!
ちなみにとろろ昆布おにぎりの中身も実際に開いてもらったのですが、
梅干しでした!
絶妙のコンビネーションに、
もやっぺ視聴者も感動の瞬間最高イイネ率獲得の瞬間でした。(笑)
・かまぼこの形がカワイイ!
→富山のかまぼこは一般的なかまぼこに比べて、特殊な形状をしているという
これも実際にスカイプで撮してもらった
む!なるとのようにぐるぐると巻かれた形!バカボンのほっぺのよう!
かっ、かわいい。。
なぜか、またここでも昆布がなるとに巻かれているではないですか!!
さすが、昆布消費率全国一の富山です。
・剣岳、黒部ダムなど、自然が多い。映画の撮影にもよく使われているそうです。
雪が降る季節は、近くの山でスキーも楽しむことができます。
・ノーベル街道まっしぐらな富山
→富山の国道41号線は「ノーベル街道」と名付けられているそう。
かの有名な、物理学賞の小柴 昌俊さん、田中 耕一さんを含む4人が、
この国道周辺の地域にゆかりがあるそうです。
富山の優秀ぶりは朝活だけでなく、国道からも伝わっていた。。
ちなみに、富山の大学進学率も全国2位!!
賢くなりたい方は是非、ノーベル街道を走ってみてはいかがでしょうか?
・富山は地震が少ない!
→最近の震災の影響からか、このネタは興味深い。
富山はフォッサマグナという活動が少ない地溝上に位置し、
地震回数が少ない。
今回の震災でも、被害は特になかったという。
震災対策に富山に移住という手も考えてみては?
・・・その他ネタてんこもりの富山朝活に軍配があがったわけですが、
東京でのもやっぺ参加者6名の個人プレーも非常に盛り上がりました!
その模様は、写真にてアルバムにてアップさせていきますのでこう期待!
個人的には、秋田出身の長崎さんの、「なまはげ伝導士ネタ」がツボでした。。
なまはげのワラは、持っているとご利益があるみたい。
実際に持ってきて撮してくれましたよー
ナマナマハゲ藁。。
裏ネタとして、富山朝活場所となっていたカフェの店員さんである、
ヒロシさんも、ちゃっかりちらっと参加してくれたんです。
しかも、むちゃぶりで、最後のシメまでお願いしたら、
快く受けてくださったんです!
最後のスカイプ一本しめ。
今後恒例にしたいと思います。
富山県民はノリがいいことが伝わりました(笑)
最後になりましたが、
今回のもやっぺ×富山でつなぐスカイプ朝活は、
世界初の快挙です!(言ったもん勝ち!)
それぞれの大好きな故郷をスカイプで伝え会うことができ、
勉強になったし、自身の故郷を調べていくに当たって、
さらに故郷を好きになるきっかけになったのではないかと思います。
スカイプで遠く離れた地方の人と繋ぐ意義は、
ただ単にそこにいる人が話していることを受け止めるだけではなく、
そこにいる「人となり」も
感じることができることだと思いました。
例えば、店員のヒロシさんや、最後に顔を出してくれた、
富山朝活の常連上牧さんとの偶然の絡みがそうだと思います。
これが、ただのチャットでのやりとりだったら?
音声だけのやりとりだったら?
このスカイプで顔を会わせて出会えた感動は、スカイプでしか味わえない。
コミュニケーションを格段に向上させてくれるツールとして、
このスカイプでの朝活は非常に意義があったのではないかと思います。
遠く離れた地方のモノは、今やお店で手に入る時代。
そんな時代だからこそ、ヒトとこうやって繋がり、
そこにいるヒトとコミュニケーションすることだけでも地域活性の
本当の意味なのではと再発見することができました。
朝活の意義もまた広がった気がします。
もっと、たくさんの地方と繋がっていきたいので、
地方の朝活やっているところあれば教えてください!
よろしくお願いします。

▼参加受付中のイベント