第275回 税務調査で落ちる領収書・落ちない領収書 浅地文雄さん

2013年5月1日(水)第275回 朝活@富山 を開催しました!
<今回のテーマ>
「税務調査で落ちる領収書・落ちない領収書」 です。


<告知文より>
お持ちの領収書は、あるだけでは、
税務署の認める経費にならないことがあります。
どうやったら経費になるのか、
税務調査で役に立つ領収書の管理の仕方を、
お話させて頂きます。
会社の考える経費と、税務署の考える経費には、
違いがあるのです。
領収書がなくたって、
経費になることもあるのです。
その秘密を解き明かしていきます。
グレーゾーンの領収書でも、
税務調査官に「YES」と言わせる方法、
学んでみませんか。
進行役は、元国税局調査官、
あさじ文雄がさせていただきます。
朝活@富山の常連でしたが、今回は、
進行役として参加させていただきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。
<朝活の様子>
今回の進行役は金沢から、
税理士 浅地文雄さんが来てくださいました。
http://www.facebook.com/zei119
2013_05010010.jpg
今回のタイトル「税務調査で落ちる領収書・落ちない領収書」と
いうことで、浅地さんが用意して下さった内容は、
「領収書が経費になるための、ストーリーを作りましょう」。
領収書の保管方法から、
領収書がなくても税務署に経費として認めてもらう方法まで、
いろいろと教えて頂きました。
さすが、元国税局調査官の税理士。
調査官の心理を上手に理解した上で、
依頼主であるお客さんには的確に節税をしてもらう。
そして、税理士である自分も感謝される。
その根底には「三方よし」の考えがあふれていました。
今回は水曜朝活で過去最高22名の方にご参加頂きました。
参加できなかった方からは、
「ぜひ日曜朝活でも開催して欲しい」との声を多数頂きました。
またぜひ浅地さんに、日曜朝活でお話して頂く機会を
作りたいなと思っています。
浅地さん、貴重なお話をありがとうございました!

▼参加受付中のイベント