第547回 ゆるく楽しく読める、英字新聞のヘッドライン 丹治浩美さん

2016年5月11日(水)
第547回 朝活@富山 を開催しました!
<今回のテーマ>
ゆるく楽しく読める、英字新聞のヘッドライン  です。


今回の朝活は
Englishワンダーランドへの体験旅行
英語コーチ Mrs.Hiromi Tanjiが
みなさんを”英字新聞”という名の
アトラクションを案内してくれました。
英字新聞のヘッドライン(見出し)は
入口を入って最初に見える景色みたいなもの。
ここで殺風景(興味を引けない)だと
帰りたくなってしまいますよね?
だからこそ
ここには内容が分かるだけでなく
色んな工夫がなされてるんです。
それはもう
アーティスティックな言葉遊びの数々
ひとつ例を挙げると
----------------------------------------–
S.Korean dog farms bowing out
韓国で食用犬の事業から撤退する
単純に退くだとget outやexit businessを
用いるようですが、
bowingを用いて犬の鳴き声(英語ではバウワウ)と
重ねてるって面白い表現ですよね!
そしてアメリカ人の観点なので
事業撤退だけみるとネガティヴイメージですが、
bowing(優雅に退く)に動物愛護としての
歓迎が込められているようにも感じます。
----------------------------------------—
英字新聞は辞書ではなく
イメージで単語の意味を捉えていくそうで
英語力アップにも有効だとか。
確かに日本語での会話もそうですが、
イメージで話しますよね!
そして内容なんかも
日本人とは違う価値観で書かれてるので
色んな視点が見えて新しい発見にもなりました!!
英語って聞くとどこか苦手な意識を
持ちがちですが、
こう言うった遊び感覚で覗いてみると
ちょっと面白いのではないでしょうか!
2016-05-11_02.jpg
参加された12名の方
進行役の丹治さん
ありがとうございました!!

▼参加受付中のイベント