第669回朝活「『伝わるメールが「正しく」「速く」 書ける92の法則』」(講師 山口拓朗さん)を開催しました

2017年4月8日(土)
第669回 朝活@富山を開催し、
初参加1名を含む10名が参加されました!

テーマは
『伝わるメールが「正しく」「速く」
書ける92の法則好意と信頼を獲得する
メールの書き方』

講師は、
伝わる文章の専門家、
伝える力【話す・書く】研究所所長の
山口拓朗さんです。

朝活@富山には4度目の登壇!
今回はメールの書き方について
ご指南いただきました。

伝わる文章を書くためには、
いくつかの要点があります。

1. 文章の書き方の3つのポイント:
・一文一義(意)で書く
・具体的に書く
・見た目にも読みやすくする
(改行、空白、横長より縦長の文章、
長くても30文字)

2. 伝わる文章の型(テンプレート)を使用する。

3. 成果を出すメールの書き方:2つのポイント
・件名は内容がわかるものにする
・メールの冒頭で結論を書く
・とってほしい行動を明確化する。

メールでお願いする場合には、
相手の自己重要感を満たしてあげることが大切です。

またはお誘いを断る場合には、
あいまいな返事はかえって失礼になります。

今後、継続的なお付き合いを考えるなら、
相手の関係性にヒビを入れないように書きましょう。

読み手の誤解は書き手の責任です。
読み手の勝手な判断でトラブルになる
ケースも多々あります。

メールは便利だけど万能ではない、
ということを念頭に置きながら、
コミュニケーションをとっていきましょう。

講師の山口拓朗さん、
参加者の皆様、ありがとうございました!

 

動画参加のお知らせ

 
1ヶ月間視聴できる「動画参加」は
以下URLで受付しています。
 
http://asakatsutoyama-20170408.peatix.com
 
自宅のパソコン、移動中のスマートホンで視聴。
あいた時間を有効活用。
期間内はいつでも好きな時間に視聴できます。
ぜひ、活用してくださいね!

山口拓朗さんの書籍はコチラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則 [ 山口 拓朗 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/12時点)

▼参加受付中のイベント