【昼活】9月8日(土) 今よりちょっとだけ書けるようになる文章術

日時

2018-09-08  14:00~15:30
(13:45受付開始)

会場

文苑堂書店富山豊田店2階多目的ルーム(富山市豊田町2丁目8-14)

参加費

1000円

講師

記者・ライター

齋藤勇磨 さん

 

告知文

 

テーマ:今よりちょっとだけ書けるようになる文章術
講 師:記者・ライター 齋藤勇磨さん

日 時:9月8日(土) 14:00~15:30(13:45受付開始)
場 所:文苑堂書店富山豊田店2階多目的ルーム
    富山市豊田町2丁目8-14
参加費:1000円
定 員:20名
持ち物:筆記用具
申込締切:9月8日(土) 13:00

 

以下の進行を予定しています。
このようなセミナーがはじめての方も、
お気軽にご参加ください!

■講師自己紹介
・初めは書けなかった
  初のラブレターが添削されて返ってきた話
・書けるようになった
  先生の指導で上達!東大法学部後期に小論文で合格した話
・今はライターを生業にしている
  紙媒体の記者+ウェブライター:書籍要約サイト・フライヤー

■今日のテーマ
・目的:フェイスブックに面白い文章を書いて情報発信できるようになる
・「私、書けないんです」。なぜ書けないのか?2つの理由
  1.そもそも書くことが思いつかない
  2.書いても面白くならない

■そもそも書くことが思いつかない人のために 意識したいABC

A:アクション
 体験+気づき→文章 感動は伝えたい!
 気づかないのは心が「裸」になっていないから
 世界3大テノールの歌を、2メートル以内で半裸で聞いた話

B:ブレイク
 インスピレーションの解体→文章の解像度の説明
 5W1H:素材の味を引き出すのではなく、迎えに行く
 教科書がなぜつまらないのか

C:コレクション
 ご馳走=お客さんのため、新鮮な材料を集めに走り回る
 集める=自らの興味をあぶり出す
 情報とは(『新聞の正しい読み方:情報のプロはこう読んでいる!』松林薫)

■書いても面白くならないという人のために 大丈夫。だって技術だもん
・まず知ってほしいこと「文章=プレゼント」
・千原ジュニアさんに学ぶ面白い文章。基本は「エピソード+気づき・学び」

■文章を書くのに便利な6つの道具
 1.箇条書きに超便利なWorkFlowy→ウナギを蒲焼きにするとうまくなる
 2.構成に便利なハニカムマップ→6は魔法の数字
 3.ネタを貯めておくEvernote→何でも放り込む
 4.感情から書くことを見つけるための、6つのアンテナチェックリスト
 5.頭がよく見える文章 3種の神器
 6.これでもう困らない!書き出し表現集

会場参加申込みはコチラをクリックしてください

会場参加申込み

▼参加受付中のイベント