400年前なのに最先端!「江戸式マーケ」を学ぼう!

日時

2021-07-25  08:00 ~09:30
(07:45受付開始)

会場

オンライン(Zoom)にて開催

参加費

2000円

講師

湘南ストーリーブランディング研究所代表

川上徹也 さん

申込締切

2021-07-25  07:45

 

告知文

 

今回の朝活は・・

コピーライターであり
数多くのビジネス書を手がける
川上徹也さんに

2021年6月に出版された最新刊
「400年前なのに最先端!江戸式マーケ」の内容を
ギュッと凝縮してお話しして頂きます。

このようなセミナーが初めての方も
お気軽にお申し込みください!

▼ 詳細・申込み ▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/asa15

 

 
 

告知文

 

富山の皆さん。おひさしぶりです。
このたび『江戸式マーケ』という本を
出版しました。

「江戸時代の話なんて自分には関係ないよ」
と思う方も多いかもしれませんが‥

実は皆さんの仕事や生き方のヒントになることが
いっぱい書かれている本なんですよ。

たとえば、富山藩二代目藩主 前田正甫は、
「先用後利」という「置き薬」の商法を
開発しました。
これは先にお客さんの役にたち
利益は後からという
世界でも類をみないビジネスモデルです。

他にも、皆さんの仕事に役立ち
知的好奇心を満たす「江戸式マーケ」。
それを実生活にどう応用するかを学びましょう。

オンライン上でみなさんにお会いできるのを
楽しみにしています。

 

講師プロフィール

 

川上徹也(かわかみ てつや)

コピーライター
湘南ストーリーブランディング研究所代表

大阪大学人間科学部卒業後、
大手広告代理店勤務を経て独立。
50社以上の企業の広告制作や
各種プロジェクトに携わる。
東京コピーライターズクラブ新人賞、
フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、
広告電通賞、ACC賞など受賞歴多数。
中でも、企業や団体の「理念」を1行に凝縮して
旗印として掲げる「川上コピー」が得意分野。

「物語」の持つ力をマーケティングに取り入れた
「ストーリーブランディング」という
独自の手法を開発した第一人者として知られ、
現在は広告にとどまらず、「企業」「団体」「地域」
などが本来持っている価値を見える化し
輝く方法を、個別のアドバイスや
講演・執筆を通じて提供している。

著書は
『物を売るバカ』『1行バカ売れ』(角川新書)、
『キャッチコピー力の基本』(日本実業出版社)、
『ザ・殺し文句』(新潮新書)、
『一言力』(幻冬舎新書)、
『川上から始めよ』(ちくま新書)、他計41冊。
累計62万部突破。海外(台湾・中国・韓国)に
おいても20冊が翻訳されている。

 

開催情報

 

テーマ:400年前なのに最先端!
    「江戸式マーケ」を学ぼう!

講師:川上徹也さん

日時:7月25日(日) 8:00~9:30
   (7:45受付開始)

会場:オンライン(Zoom)

参加費:2000円

申込締切:7月25日(日) 7:45

オンライン参加申込みはコチラをクリックしてください

オンライン参加申込み
PAGE TOP