見立ての手法(進行役 成川友仁さん) 第983回 朝活@富山 開催しました!


 

2019年2月20日(水)
第983回 朝活@富山を開催しました!

 

今回のテーマ
見立ての手法

進行役は
成川友仁さん
です。

 

 

ある物の形や呼び名から
別の物事を連想する表現法を
「見立て」と言います。

例えば立山連峰において、
硫黄が吹き出す谷間を
鬼の住む地獄に見立てる地獄谷は、
地形の特徴に着目した表現です。

石川県の羽咋(はくい)市では、
山あいの神子原(みこはら)地区を
神の子キリストの丘と見立てて、
そこで収穫された米を
ローマ法王に献上して話題になりました。

見立ては物事の本質的特徴を
抽出することから、美しさを伴います。

近ごろは神子原の米のように
地域おこしに一役買っている例もあり、
知恵も使います。

 

 

見立ての実例。
数字の見立て。

 

 

見立ての実例。
名称の見立て。

 

「見立て」を使って、
観光PRや商品開発している事例が
たくさん紹介され、とても面白かったです!

 

今回の朝活には
8名が参加されました。

進行役の成川友仁さん、
参加者のみなさん、
ありがとうございました!

 

朝活@富山 LINE登録受付中!

朝活富山の最新情報を
あなたのLINEにお届けします。
登録無料、誰が登録しているか、
こちらかはわかりません。
ポイントカード機能もあるので、
ぜひ登録してくださいね!

友だち追加数

https://line.me/R/ti/p/%40asakatsu

▼参加受付中のイベント